BtoB向けにプロモーション動画を作る意味ってある?動画の活用例とは

公開日:2021/12/01  最終更新日:2021/12/10


企業から企業へビジネスを行うBtoBにおいて、プロモーション動画を作る意味はあるのでしょうか?企業担当者の多くはビジネス面で悩みを抱えた際、インターネット上で情報収集を行うため、動画作成には充分意味があるといえます。今回はBtoB向けに動画を作りメリットについて、動画活用例と一緒に解説します。

BtoB向けに動画を作るのはメリットがある!

これまで動画マーケティングはBtoC、つまり企業から消費者へ商品やサービスの販売促進に効果があるとされていました。しかし昨今では、インターネットサービスがより身近なものとなり、BtoBにおいても非常に重要なビジネス戦略となってきています。ますは、BtoB向けに動画を作る主なメリットを見ていきましょう。

複雑な商品やサービスも、より細かく内容を伝えられる

1つ目は複雑な商品やサービスであっても、動画ならより細かく内容を伝えられることです。BtoBでとりあつかう商品やサービスの中には、コンピューターのCPUやソフトウェア、コンサルティングサービス、貨物輸送サービス、精密機械など、消費者向けよりも複雑で高度な内容のものが少なくありません。

文章やパンフレット、画像だけでは、上手く内容やよさを伝えられないものもあるでしょう。しかし動画なら実際の動きや音声、CGなどを活用して、複雑な内容もより細かく企業へ伝えられます。

■SEO効果が高く、検索上位に掲載されやすい

動画は文章のみのサイトと比べてSEO効果が高く、検索エンジンで検索上位に掲載されやすいといわれています。企業が何かしらの商品やサービスを求める際、まず担当者は情報収集をはじめます。

情報収集の主な方法の一つが、インターネット上の検索エンジン。GoogleYahoo!などの検索エンジン上でワードを入れ、該当する商品やサービスを探します。検索上位にある記事や動画はクリックされやすいため、より商品やサービスの販売促進が期待できるでしょう。

商品やサービス購入の決済がスムーズに進む

BtoBで商品やサービスを企業が購入する場合、「担当者が情報を収集する」「お目当ての商品やサービスが見つかったら、上層部から承認を得る」といったプロセスを踏みます。上層部から承認を得るために、担当者は商品やサービスの内容を細かく整理し、プレゼンをしなければいけません。

動画広告を活用すると、上層部へのプレゼンを動画がダイレクトに行ってくれます。決済がスムーズに進むことから、企業としてはより動画広告を選択する可能性が高まるでしょう。

どんな動画が注目を浴びるのか

BtoBで動画を活用する場合、とくにどのような動画が注目を浴びるのでしょうか?おすすめの活用例を紹介します。

商品やサービスの紹介

まずは商品やサービスの紹介です。文章や静止画だけでは伝わりにくい細かい部分も、動きのある動画を活用することで、より相手に伝えられるようになります。同じ商品やサービスで複数の活用方法がある場合、コンテンツをわけて紹介するのもよいでしょう。具体的な活用シーンを盛り込むのもおすすめです。

自社のイメージアップ

対消費者だけでなく対企業であっても、自社のイメージアップは商品やサービス販売促進のためには欠かせません。自社のイメージアップを目的として、動画広告を制作するのも有効な活用法です。

カスタマーインタビュー

自社が宣伝する商品やサービス情報は、あくまでも自社側が考えていること。そのため多くの企業は商品やサービス購入にあたり、「本当に価値のあるものなのか?」「メリットはあるのか?」などと不安を抱きます。実際に商品やサービスを購入して、使ったことがあるカスタマーの感想や、導入事例を動画にすることで、企業側が抱く不安を取り除ける機会となります。

目的を明確に!BtoB向け動画制作のコツとは

最後にBtoB向け動画制作のコツを紹介します。

目的を明確にする

動画制作において最も重要なことの一つが、目的を明確にすることです。目的を明確にしないまま動画を作ってしまうと、顧客に一番伝えたい情報が伝わらない内容になってしまいます。「商品やサービスの認知度を上げる」「商品やサービスのメリットを伝え、契約につなげる」「自社のイメージをアップさせる」など、目的を一つに絞ってみましょう。

あえて短尺の動画を作る

BtoBで歓迎される動画の尺は、一般的に短いものばかりです。理想は90秒ですが、現実的には2分~3分以内のものが多数を占めています。短尺の動画の方が視聴者の視聴ハードルをより下げて、さらに訴求ポイントを絞って伝えられるようにもなるでしょう。伝えたいテーマや内容は1つに絞り、端的でわかりやすい動画作成がBtoB向けのコツです。

 

BtoB向けにビジネス戦略を展開する場合、プロモーション動画の活用が定番となってきています。文章や静止画だけでは伝わりにくい、細かいニュアンスまで正確に表現できるためです。SEO効果の高さから、検索上位に表示されやすいメリットもあるでしょう。まずは目的を明確にした上で、訴求ポイントを絞った動画制作から始めてみてください。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

企業のサービスや製品、店舗などのイメージを戦略的にアップさせる効果のあるプロモーションビデオは、現在注目を集めているコンテンツのひとつです。わかりやすく伝えたいことを動画にすることで、売り上
続きを読む
効率よく動画を活用することで、企業のプロモーションは地域や年齢などにこだわらず目に留めてもらうことができます。しかし、毎日あふれるように新しい動画コンテンツが登場する中で、少しでも多くプロモ
続きを読む
販売促進のためのプロモーション動画を制作する際、動画の尺によってはまったく効果が異なることもあります。では、どのくらいの長さの動画であれば、求める効果が得られるのでしょうか。この記事では、短
続きを読む