プロモーション動画制作の基本構成とは?担当者が考えるべき課題

公開日:2022/06/15  最終更新日:2022/05/23


企業のサービスや製品、店舗などのイメージを戦略的にアップさせる効果のあるプロモーションビデオは、現在注目を集めているコンテンツのひとつです。わかりやすく伝えたいことを動画にすることで、売り上げにも貢献してくれます。この記事では、プロモーション動画の制作はどのような基本構成なのか、担当者が考えるべき課題をお伝えします。

動画の目的を明確にしよう

プロモーションの動画を作る際には、ただの日常の一コマを撮影しても意味を持ちません。明確に目的を持ち、何を誰にどのように伝えたいのかはっきりと整理をする必要があります。例として、女性向けの美容製品なら女性から見て製品に手を伸ばしたくなるような動画に仕上げる必要があります。

また、おしゃれなプロモーション動画なら企業のコンセプトは伝わりますが、製品の効果が伝わった方が購買意欲の向上につながる場合には、動画の中で明瞭に伝える必要があります。こちらも例を挙げると、多くのシャンプーやリンスのプロモーション動画には、艶のある女性の真っすぐとした髪型が登場します。その製品に手を伸ばせばどのような効果につながるのか、パッと目にしただけで明瞭に理解できるためです。

このように動画には、明確に目的が必要で、目的とはマーケティングの視点でもあります。マーケティングを行う際には企業や製品のコンセプトを絞る必要があります。複数のターゲットやコンセプトを混在させてしまうと動画の内容がまとめにくくなります。何を伝えたいのかマーケティングの視点で戦略を絞り、プロモーション動画に仕上げていきましょう。

動画の脚本を制作してみよう

プロモーションに関する目的が明確になったら、さっそく脚本の制作に移りましょう。動画の脚本の基本は3つ挙げられます。

■動画はわかりやすく短く、が基本

テレビやネットで流れてくるコマーシャルを見てもわかる通り、企業のプロモーション動画は「短め」に作られています。有名企業のコマーシャルは長いものでも3分以内に収められており、主流となるのは1分程度のものです。あまりにも長すぎると見ている方が飽きてしまう、不快に感じ始める可能性があります。

実際にネット上で流れるコマーシャルは長すぎると不評を買いやすく、30秒程度でまとめられているものが多くなっています。良い印象の動画をサッと終えることがプロモーション動画の鉄則です。その代わり、メッセージやキャッチコピーをわかりやすく、印象をはっきりと残すことを目指しましょう。脚本を作る際はこの点を踏まえることが重要です。

■プロットを作る

動画の基本的な流れをプロット化してわかりやすくします。プロットは言わば動画の下書きです。どんなイメージで、どんなセリフやキャッチコピーを使うか、音楽などはどのようなものを挿入するのかなど動画の骨格を作り、流れを決めていきます。慣れないうちは、思わず魅かれた企業のプロモーション動画を分析してプロットに書き起こしてみることもおすすめです。効果音の挿入やテロップの挿入のヒントになります。

■時系列を整える

プロットを作り、動画の基本的な流れを決めたら、動画の流れを見える化をしていきます。紙に書き起こす、など方法はやりやすいものでOKです。見える化をすることにより、伝えたいコンセプトなどがより明確になり脚本の完成度が高まります。映像の流れを整理して動画を撮影できる段階まで脚本を仕上げていきましょう。動画制作の初心者の方の場合、カメラアングルや場面の展開は少なく抑えておくことがおすすめです。カット数が多く撮影がぶれやすいものは難易度が高いため、制作する場合には注意が必要です。

制作をプロに任せるときに伝わりやすくなる!

プロモーション動画をいざ作ろう、と思っても短いながら内容が濃いものを作る必要があり、特に初めての場合は徒労の末に完成できない、ぼんやりとして完成度が低いものになりがちです。また、有名他社のプロモーション動画を真似過ぎると個性を失ってしまう可能性もあります。しかし、動画が広告の主流と言っても良い現代において、プロモーション動画が無難すぎる、無個性すぎるものはすぐに埋没してしまう可能性があります。

そこで、プロモーション動画の制作を検討したら、実績豊富な動画制作会社へ依頼をしましょう。伝えたい企業や製品のコンセプトを伝えることで、旬で素敵なデザインを踏まえた動画を提案してくれます。動画の制作においてカメラはもちろんのこと、光の調整や立体感の確認、背景への配慮など非常に細やかな配慮が求められます。せっかく企業のイメージアップに役立つ動画を作る以上は、制作をプロに依頼して素敵な作品を完成させましょう。企業側の意図を組んだ作品であるのはもちろんのこと、プロによる動画制作は予想以上の完成度です。

まとめ

この記事ではプロモーション動画制作に関して詳しく解説しました。スマートフォンなどで誰でも簡単に動画を作れるようになったからこそ、クオリティにこだわらないと埋没し、プロモーション効果が薄れてしまいます。企業の大切な顔となる動画だからこそ、プロの技術に依頼をすることも検討してみましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

企業のサービスや製品、店舗などのイメージを戦略的にアップさせる効果のあるプロモーションビデオは、現在注目を集めているコンテンツのひとつです。わかりやすく伝えたいことを動画にすることで、売り上
続きを読む
効率よく動画を活用することで、企業のプロモーションは地域や年齢などにこだわらず目に留めてもらうことができます。しかし、毎日あふれるように新しい動画コンテンツが登場する中で、少しでも多くプロモ
続きを読む
販売促進のためのプロモーション動画を制作する際、動画の尺によってはまったく効果が異なることもあります。では、どのくらいの長さの動画であれば、求める効果が得られるのでしょうか。この記事では、短
続きを読む