初心者必見!動画制作中にありがちな疑問とは?

公開日:2021/12/01  最終更新日:2021/12/10


5G普及にともなう動画マーケティングの需要増加や、コロナ禍によるビジネスモデルの変化の影響により、「自社の動画を作ってみたい、今後動画広告に力を入れていきたい」という企業も増えてきているのではないでしょうか。そこで、この記事ではこれから動画制作を始める初心者の方に向け、動画の制作中によくある疑問について紹介していきます!

疑問:動画の活用方法は?

動画制作を始める方の中で、「そもそもどのような場面で動画を活用できるのかわからない」と疑問に思う方も多いかと思われます。そこで、ビジネスにおいてどのような場面で動画を活用できるのか解説しましょう。

■さまざまな目的やシーンで活用できる

動画を活用することによって得られる最大のメリットは、視覚情報(映像)・聴覚情報(音声・BGM)・言語情報(テキスト・テロップ)といった文字だけでは伝えきれない多くの情報を視聴者に伝えることができる点です。

1分の動画で伝えられる情報はテキストの3,000倍ともいわれており、その特性上、認知・興味喚起・理解に有効であることから、ビジネスにおいてもさまざまなシーンで動画を活用できます。

動画活用の事例としては主に集客、商品・サービス紹介、マニュアル、人材採用、PVなどが挙げられます。ターゲットの記憶と行動喚起を高めるために動画を活用することによって、大きなマーケティング効果が期待できるでしょう。

疑問:制作にはどれくらい費用がかかる?

担当者の方々にとっては、動画を制作するためにかかる費用も気になるところですよね。しかし、動画のクオリティや演出、尺の長さ、実写映像にするのかアニメーション映像にするかなど、制作したい動画の種類や性質によって費用感が変動するため、一概にどのくらいの金額がかかるか明言するのは難しいです。

■実写映像を制作する場合

実写映像を制作する場合には必ず撮影がともなうため、カメラ・照明・録音をするための機材費や、カメラマン・プロデューサ・制作スタッフにかかる人件費など、撮影に関わるコストが発生します。フリー素材の活用や撮影を企業側で行うことでコストを抑えることが可能です。

■アニメーション映像を制作する場合

アニメーション映像を制作する場合、動画の長さやグラフィックなどアニメーション映像を制作するためにかかる編集コストを考慮する必要があります。また、描き起こしたグラフィックやイラストを違和感なく滑らかに動かすためには、その分費用がかかるため注意しておきましょう。

疑問:動画制作の流れは?

動画制作を行う上で制作から完成までどのように進行していくのか気になる方も多いのではないでしょうか。ここでは、動画制作の大まかな流れについて紹介していきます。

■企画・構成

動画制作を進めていくにあたって、最も重要な部分は動画の企画・構成を練ることです。「なぜ動画を制作するのか」「誰に向けた動画を制作するのか」「完成した動画をどこに配信するのか」を決めることで、動画を制作する目的を明確化させることができます。また、この時に動画の元となる絵コンテを作成しておくことで、完成した動画の全体像がつかめるため、スムーズに撮影を行うことができます。

■撮影(実写映像の場合)

撮影を行う場合には、撮影場所の確保やカメラ、照明など撮影に必要な機材や道具を事前に準備しておきましょう。準備が整ったら、企画・構成で決めた内容を元に撮影を行っていきます。

■編集

撮影を終えたら次は撮影した映像素材をもとに動画編集を進めていきましょう。動画編集では、主に撮影した素材を元に「映像をつなぎ合わせる・カットする」「字幕・テロップの追加」「BGM・効果音の追加」「エフェクト・演出の追加」といった作業を行い、動画を完成させていきます。

■完成・公開

完成した動画をYouTubeInstagramTwitterといったSNSなどに公開する場合、媒体によって公開方法やプラットフォームの特性がそれぞれ異なるため、事前に確認しておくとよいでしょう。

動画制作で困ったら制作会社に相談してみよう

自社で動画制作を行うのが難しいと判断した場合には、プロの制作会社に相談してみるのも1つの手段です。プロの動画・映像制作会社に依頼することにより、クオリティの高い動画を制作してくれます。

■効果的な動画を制作してもらえる

映像制作会社に動画制作を依頼することで、目的を最大化させたより効果的な動画を制作してくれます。自社でせっかく動画を制作しても、その動画の内容にターゲットが興味を抱いてもらえない場合には、すぐに視聴をやめてしまうかもしれません。

しかし、プロが制作する動画には高い撮影・編集技術、演出効果が随所に散りばめられているため、視聴者を最後まで飽きさせない魅力的な動画に仕上げてくれます。これにより、最後まで視聴したターゲットに動画の目的がしっかりと伝わるため、訴求力のアップや高いマーケティング効果も期待できるでしょう。

まとめ

この記事では、動画制作をこれから始める方に向け、動画制作中に頻出する疑問をピックアップして紹介していきました。近年では動画制作のハードルが低くなったことで、企業でも積極的に動画を活用していく傾向にあります。今回紹介した疑問を解消し、ポイントを押さえていくことで、より効果的な動画を制作できるので、ぜひ自社の動画制作にも役立ててみてください!

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

テンポのよい音楽と短い動画のコンビネーションが人気のTikTokは、若者を中心に人気のSNSプラットフォームです。動画によっては視聴回数が億を超えることもあり、TikTok広告の費用対効果に
続きを読む
近年、動画コンテンツへの注目度が高まっています。とくに若年層ではエンターテイメントを楽しむだけではなく、情報収集も動画でおこなう人が増えていることから、企業が採用や教育のために映像を制作する
続きを読む
新たな広告ツールとして注目を集めるデジタルサイネージ。この言葉は知らなくても、ほとんどの人は見たことがあるはずです。デジタルサイネージとは、どのような広告ツールなのでしょうか。この記事では、
続きを読む