実写動画とはどういうもの?アニメーションとの違いやメリットとは

公開日:2023/01/15  最終更新日:2022/11/14


アニメ、ドラマ、ビデオブログなど、皆さんは普段どのような動画を見ることが多いですか。実写動画とアニメーションにはそれぞれによさがあり、視聴者に与える印象も異なります。今回は写真動画とアニメーションの違いと、効率的な活用方法、制作メリットについて詳しく説明します。

実写動画とは

実写動画とは、実在する人物や商品などを撮影した動画です。動画の中に出ている人物や商品の効果で現実味が増し、視聴者の共感を誘う動画に仕上がりやすい傾向があります。視聴者層やジャンルを問わず、幅広い分野で活用されています。

実写動画制作の予算

実写動画の制作費用はピンキリですが、今回は外注に焦点をあてて説明します。動画制作費用は、動画素材がそろっているかどうかで大きな差が生まれます。素材がすでにそろっていて30秒程度の動画であれば、10万円ほどで引き受けてくれる会社やクリエイターを見つけることも可能です。10万円を最低基準にしながら、提示金額と対応を比較してみましょう。費用を抑える方法については、本記事後半で詳しく説明します。

アニメーションとの違い

実写動画は細かな表現によって共感を誘うのを得意としているのに対し、アニメーション動画は実写では難しい表現や撮影を得意としています。アニメーション動画は静止画に動きをつけたもので、写真やイラスト、文字、図形などを使うのが特徴です。基本的には実写のような撮影もなく、編集作業がメインです。

アニメーション動画制作予算

アニメーション動画の相場も、実写動画と同じくらいです。オリジナルキャラクターを作成したり、実在する場所とアニメーションを組み合わせたりする場合には、編集量が増えるので高額になります。

実写動画を制作するメリット

実写動画はリアリティがあるので、視聴者が自分事として受け入れやすいという利点があります。観光地の紹介動画であれば、現地の景色や人を映すことによって、より繊細に雰囲気を伝えられます。写真や文字、キャラクターなどを使って紹介することも可能ですが、その場に流れる空気感を伝えるのは至難の業でしょう。言語化できない美しさや微妙な感覚も、実写動画の方が伝わりやすい傾向です。

実写動画に適した内容とは

実写動画は臨場感や熱意など温度感の伝わる動画も得意とするので、人物、商品、サービスなどの紹介、インタビュー、イベントなどのプロモーション動画を制作するのに適しています。

アニメーション動画に適した内容とは

アニメーション動画は目視では確認できない細かな内部構造や、言葉だけではイメージのしづらい数字などを、文字や図形などを使って分かりやすく説明します。刺激の強い事件や事例などは、イラストを用いることで印象を和らげられます。

実写動画の制作を依頼するときのポイント

実写動画の制作を依頼する前に、完成イメージを膨らませコンセプトを明確にする必要があります。コンセプトとはイメージの軸となるもので、基準となる観念を指します。簡単にいえば、動画のなかで何を伝えたいのか、そのためにどのような演出が必要なのか、制作するにあたって必要になるであろうことを具体的に考える作業です。コンセプトが決まれば、いよいよ依頼です。依頼するときのポイントを項目ごとに紹介します。

依頼の手順

依頼をする場合には、制作会社またはクリエイターに連絡をします。連絡をすると、基本的には下記のような流れで話が進んでいきます。

1.仮依頼(相談あるいは申し込み)
2.動画の構成やイメージを話し合う、見積もり提示
3.本依頼(提示金額を支払う)
4.撮影開始(素材がある場合には省略)
5.編集
6.仮完成品チェック
7.修正、再チェック
8.納品

制作費用は会社やクリエイターによって異なるので、相見積もりを取って比較することをおすすめします。編集内容によっては金額が加算される場合もあるので、提示金額にどのような編集技術が含まれるのかを確認することも必要でしょう。不安な場合には、理想に近い動画を用意して「このような編集はできますか?」と、具体的に聞いてみてください。お互いの認識をすり合わせることができます。

金額を抑える方法

制作費用は、関わる人の数で変わると思ってください。動画素材がすでに用意されていて編集だけで済むのであれば、費用は大幅に節約できます。撮影からスタートする場合には、機材の用意、撮影場所の確保、キャスティングなど、時間と人員が必要になるため高額になります。

実績を確認する

動画制作のスキルは判断が難しいですが、価格だけで判断せずに実績を参考にしましょう。実写とアニメーションどちらもできるようであれば、演出の幅も広がり相談がしやすくなります。得意分野に特化した制作会社、クリエイターもいるので、イメージが決まっていればジャンルを絞って探すのもひとつの手です。

ワンストップ対応を選ぶ

企画、撮影、編集まで一貫して対応してくれる会社やクリエイターに依頼するのがおすすめです。連携を取りながら作業が進むので、コミュニケーションもスムーズで安心できます。

まとめ

実写動画は細かな表現によって共感を誘うのを得意としているのに対し、アニメーション動画は実写では難しい表現や撮影を得意としています。動画制作は制作会社またはクリエイターに依頼をし、すり合わせをしながら進めていきます。依頼前にコンセプトを決めておけば、相談や提案もスムーズに行えるだけでなくミスマッチを防ぐこともできるでしょう。提示金額は制作会社、クリエイターによって異なるので、相見積もりを取るのを忘れないことも大切です。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

アニメ、ドラマ、ビデオブログなど、皆さんは普段どのような動画を見ることが多いですか。実写動画とアニメーションにはそれぞれによさがあり、視聴者に与える印象も異なります。今回は写真動画とアニメー
続きを読む
観客の関心を集めたい・効果的に情報を伝えたい・何度も使える資料が欲しい、動画制作の理由はさまざまです。イベントのために制作する動画はどのように作るのか、またどのような種類があるのか、メリット
続きを読む
テンポのよい音楽と短い動画のコンビネーションが人気のTikTokは、若者を中心に人気のSNSプラットフォームです。動画によっては視聴回数が億を超えることもあり、TikTok広告の費用対効果に
続きを読む