印象に残るプロモーション動画とは?効果や押さえるべきポイントを解説!

公開日:2022/07/15  最終更新日:2022/05/23


新聞や雑誌から広告の主戦場がネットへと移行している今、まだ未参入の企業も動画によるプロモーションに注目しています。好印象を与える動画を作り、イメージアップを図りたいものですが、印象に残るプロモーション動画を作るにはどうすれば良いのでしょうか。本記事では動画制作の効果や押さえるべきポイントを解説します。

動画の目的とターゲットを絞る

国内外、大小問わずさまざまな企業がプロモーション動画を制作していますが、初めて動画を制作する場合にはどんな動画を作るべきか迷うものです。プロモーションを行う以上、広告としての役割を果たす動画を作る必要がありますが、制作にはどんなポイントを押さえておくべきでしょうか。プロモーション動画の作成には2つのポイントがあります。

■動画の目的を絞る

企業のプロモーション動画を作る際には、企業全体のPRになるものや、新発売の製品PRなど細かく種類を分けることができます。最近では新卒者向けの求人アピールも動画をメインにしている企業が多くなっており、企業が対外的にアピールしたい内容には実にたくさんの種類があるのです。

そこで、プロモーション動画を作る場合には動画の目的を明確に絞ることが大切です。例として、求人向けなら学生に魅力が伝わることを第一の目標とすべきで、その他の製品アピールなどは加えない方が魅力は伝わります。目的を1つに絞り、目的に合わせた動画のイメージを膨らませていきましょう。

■ターゲットを絞る

企業のプロモーション動画制作において忘れてはいけないのが「ターゲット層を絞ること」です。例として、女性向けのコスメなら女性が思わず手に取り購入したくなるような動画が必要です。一方でトレンドのキャンプ製品なら、男性も手に取りたくなり、お子様と楽しく遊べるような動画も考えられるでしょう。

このように製品をどこに対してアピールしたいかを明確に絞ることで動画のコンセプトも決めやすくなります。企業のアピール動画なら、どこの誰に対して向けたものかを明確にすることで、何を誰にどのように伝えるべきかわかりやすくなります。

トレンドを意識しよう

動画制作を行う工程の中で、重要なことは目的やターゲットを絞ることに留まりません。新しいプロモーションを行う以上「トレンドを意識する」ことも忘れてはいけません。ちょっと古いような動画や、どこにでもあるような動画の焼き直しではプロモーションの効果は低くなってしまいます。人気動画サイトの上位を参考にし、流行のコンセプトを採用してみるなどトレンドを意識した動画作りを行ってみましょう。

企業や製品のイメージ上安易なトレンド感は避けたい場合には、テロップに西暦を入れる、トレンド感のある音楽をBGMにすることでも新しさを強調することができます。最近の動画のトレンドは、手書きのテロップやライブ配信のようなコンセプトが人気です。程よくトレンドのコンセプトも取り入れて、自社の雰囲気にマッチするように工夫をしてみてはいかがでしょうか。

適切な動画の長さを考えよう

皆さんが普段目にする機会の多い動画コンテンツの長さはどの程度ありますか。人気のSNSに流れているような動画は、大変短くテンポ感が高いものが人気です。繰り返し見たくなるような中毒性のある動画も多く、踊りや音楽で華やかな印象に仕上がっています。

こうしたユニークな動画を企業のプロモーション動画に活用することは難しさもありますが、ヒントになるのは事実です。どうしても企業の魅力や製品への思いを伝えたい、と熱意が入ると動画は長くなりがちです。しかし流行の動画はショートな作品であることを踏まえ、観る側が飽きないような内容になるよう工夫しましょう。

プロモーション動画の持つ効果

テレビ以外にもネットでも頻繁に流れている企業プロモーション動画ですが、ここまで普及をした背景にはどんな理由が考えられるでしょうか。この項ではプロモーション動画の持つ効果について考えてみましょう。世界中には動画コンテンツが溢れていますが、その中でキラリと光るプロモーション動画には2つの特徴があります。

まず1つ目は「顧客を捉えている」点です。明確に顧客のことを考え、プロモーションを作成している動画はヒットしやすく、企業イメージの向上にも役立つ効果があります。感情移入しやすくユニークで、不快さのない動画を作ることで清潔感を企業に与えることも可能です。

2つ目の特徴は「SNSを想定している」点です。スマートフォンが老若男女に拡大した昨今では、企業のプロモーション動画も主戦場はSNSへとシフトしています。バズを生みやすく、真似したくなるような動画は人の記憶に残りやすく宣伝効果が抜群に高まります。世界中で人気となったプロモーション動画は、この2つの特徴を確実に押さえています。自社動画制作の際もこうしたヒントを押さえて制作に挑んでみましょう。

まとめ

プロモーション動画の持つ効果は大きく、SNSが主流となっているネット社会において企業をPRする際には無くてはならないコンテンツとなっています。しかし、毎日世界中大量に作られている動画の中で頭一つ抜けるためには、プロによる動画への視点も欠かせません。制作に悩んだら、動画制作のプロに相談を重ねながらコンセプトを固め、素敵な作品へと導きましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

新たな広告ツールとして注目を集めるデジタルサイネージ。この言葉は知らなくても、ほとんどの人は見たことがあるはずです。デジタルサイネージとは、どのような広告ツールなのでしょうか。この記事では、
続きを読む
これまでのマニュアルは、主にペーパーで作成されるのが一般的でした。しかし、最近は効率性を高める観点などから、動画を導入している企業が増えてきています。マニュアル動画には具体的に、どのようなメ
続きを読む
新聞や雑誌から広告の主戦場がネットへと移行している今、まだ未参入の企業も動画によるプロモーションに注目しています。好印象を与える動画を作り、イメージアップを図りたいものですが、印象に残るプロ
続きを読む