動画で商品を紹介する意味は?プロモーション動画制作のコツとは

公開日:2022/01/15  最終更新日:2022/01/12


商品を紹介する方法には文章や写真、動画など様々な種類があります。しかし、最近は動画で商品を紹介するのが主流となってきています。しかし、動画制作には専門的な知識や技術が必要なため、初心者にとっては非常にハードルが高いといえるでしょう。そこで、今回は動画で商品を紹介する意味や制作のコツを紹介していきます。

動画を作るメリット

動画を作る最大のメリットは商品をアピールしやすいというところにあります。文章や写真だけでは伝わりにくい商品の特徴を動画で表現することで、アピールしやすくなり、結果的に契約に繋がるということも少なくありません。

さらに、短時間で多くの人に見てもらえるというのもメリットといえるでしょう。たとえば、文章だけの商品紹介の場合、最初から最後まで丁寧に読む人もいれば、そうでない人もいます。さらに、読むのに時間がかかってしまうと、そこで読むのを止めてしまう人も少なくないでしょう。

一方、動画の場合であれば、短時間で商品を紹介することができます。さらに、動画を掲載する場所によっては、スマホやタブレット、パソコンなどで簡単に見ることができるため、場所を選ばずに商品紹介が可能です。

その他、SNSで拡散される可能性があるというメリットがあります。最近ではSNSの効果が非常に期待されており、一度拡散されると、非常に多くの宣伝効果が期待できるでしょう。

さらに、SNSで拡散された動画は半永久的に残るため、いつでも視聴者に見られるチャンスがあるのもメリットといえるでしょう。また、動画の場合、実際に商品を使用しているシーンをイメージしやすいのが特徴です。たとえば、石鹸をアピールしたい時、文章や写真だけだと、実際の使用感や特徴を伝えることは非常に難しいです。

しかし、動画を使うことで、泡立ち加減、水切れの良さ、洗浄力などを表現することが可能です。さらに、必要に応じて成分分析をアニメーションするのも効果がある方法です。動画であれば、視覚的に商品を紹介することができるため、競合が多い商品であっても、アピールしやすくなるというメリットがあります。

目的とターゲット層を分析しよう

動画制作を行う際は、目的とターゲット層を明確にする必要があります。目的とターゲット層を明確するには丁寧な分析作業を行わなければなりません。たとえば、「動画で何を伝えたいのか」「どのような人をターゲットにするのか」を明確にしなければ、良い動画を作ることはできません。

そのため、動画を作る前にしっかりと動画制作の目的とターゲット層を分析しましょう。実際、目的とターゲット層をしっかり分析せずに作った動画の場合、動画を見てもらえないというリスクがあります。

たとえば、女性向けの衣服を紹介する動画を制作しているにもかかわらず、テイストやデザインなどが男らしい雰囲気だと、商品をしっかりとアピールすることができないでしょう。そのため、商品のターゲットをしっかりと絞り、目的を考えた上で動画制作することがポイントです。

動画の尺は短めのほうがよい?

一般的に動画の尺は短めにしたほうが良いでしょう。なぜなら、動画が長すぎると視聴者が飽きてしまい、見るのを止めてしまう可能性があるからです。さらに、隙間時間に動画を見ている人にとっては、短時間の動画で手っ取り早く情報を得たい人が多いです。

そのため、動画の尺は可能な限り短めにすることがコツです。しかし、尺を気にするあまり、内容がない動画になってしまっては意味がありません。そのため、動画の構成や尺とのバランスを検討した上で、動画を作っていくのが大切です。

他社との差別化を図ろう

商品を動画で紹介するのが主流になりつつありますが、どれも似たような動画では宣伝効果が期待できないでしょう。そこで、他社との差別化を意識した動画制作がポイントとなります。他社とは異なる切り口で構成を考えて動画を制作することで、インパクトが大きく、人目をひく動画になるでしょう。

しかし、自社だけで動画制作をしていると、どうしてもアイディアが凝り固まってしまい、斬新なアイディアやイメージが出てこないこともあります。そのため、動画制作のプロに依頼したり、デザイン会社に相談したりするなど、プロにアドバイスを貰うのも一つの手です。特に競合商品が多くある業界の場合は他社との差別化は非常に重要となります。そのため、動画制作を行う際は差別化を意識するとともに、必要であればプロに相談することをおすすめします。

 

動画で商品をアピールすることで文章や写真だけでは伝わりにくい特徴や特性などをしっかりと伝えることができます。しかし、だらだらと商品を撮影しているだけの動画では宣伝効果は薄くなります。動画の尺を短くしたり、他社との差別化を図った動画制作を行ったりすることで、しっかりと商品をPRできる動画に仕上がるでしょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

テンポのよい音楽と短い動画のコンビネーションが人気のTikTokは、若者を中心に人気のSNSプラットフォームです。動画によっては視聴回数が億を超えることもあり、TikTok広告の費用対効果に
続きを読む
近年、動画コンテンツへの注目度が高まっています。とくに若年層ではエンターテイメントを楽しむだけではなく、情報収集も動画でおこなう人が増えていることから、企業が採用や教育のために映像を制作する
続きを読む
新たな広告ツールとして注目を集めるデジタルサイネージ。この言葉は知らなくても、ほとんどの人は見たことがあるはずです。デジタルサイネージとは、どのような広告ツールなのでしょうか。この記事では、
続きを読む