TikTok広告とは?種類や動画制作のポイントを徹底解説!

公開日:2022/11/15  最終更新日:2022/11/14


テンポのよい音楽と短い動画のコンビネーションが人気のTikTokは、若者を中心に人気のSNSプラットフォームです。動画によっては視聴回数が億を超えることもあり、TikTok広告の費用対効果についても注目が集まっています。本記事では、TikTok広告の種類や制作のポイントについて解説します。

TikTokとは

TikTokは、中国のByteDanceが運営するSNSプラットフォームです。15秒から3分までの短い動画を投稿・視聴できます。Facebook・Instagram・Twitter・TikTokのメインユーザーを比べると、TikTokは10代~20代のユーザーが多く、若者を中心に人気を集めていることが分かります。

普及率だけで見るとほかのプラットフォームに敵いませんが、ITリテラシーの高い若者からの支持は社会影響力も大きく、多くの企業が注目しています。TikTokでは、一般の動画と同じように広告を動画で流すことが可能です。このような広告を「TikTok広告」と呼びます。

広告の効果と費用

TikTokに広告を出すには、一般的に50万円~1,000万円ほど必要です。金額に幅があるのは、動画の長さ・編集レベル・キャスティング・運用期間などによって異なるためです。TikTok広告にもいくつかの種類があるため、目的に適した方法を選びましょう。

TikTok広告の種類

TikTok広告は主に2つの種類に分けられます。予約型の純広告と運用型広告です。ここからさらに細かく分けられますが、まずは効果的なアプローチを選ぶことが重要です。アプローチを組み合わせることによって、より高い効果も期待できます。

予約型の純広告

広告枠を一定額で購入して配信するため、多くの人の目にとまりますがその分費用がかかります。純広告は4種類に分けられています。

・TopView・起動画面広告
TikTokを起動して最初に表示される広告です。

・インフィード広告
一般の投稿と投稿の間におすすめとして表示される広告です。

・#Challenge(ハッシュタグチャレンジ)
オリジナルのハッシュタグを作成しユーザーの投稿で拡散される、タイアップ形式の広告です。

・Branded Effect(ブランドエフェクト)
オリジナルのエフェクトを作成し、実際に利用してもらう体験型の広告です。コスメブランドであれば、新作のリップカラーを試せるエフェクトを配信するなど、ブランドイメージを視覚化し印象づけます。

運用型広告

TikTok広告を利用している企業の多くが利用しているのが、オンライン運用型広告です。アカウントを作成し設定を済ませれば、すぐに活用できます。純広告よりも金額が安いので、広告の反響次第で配信先やリーチなどを調整できます。1万円前後から挑戦できます。

TikTok広告を出すメリット

TikTokユーザーの大半が若者ですが、ユーザーの平均年齢も年々変化しており、近年では30代~40代の視聴も増えてきました。親子世代の視聴率が高まれば、家族単位での購買促進につながります。TikTokは短い動画の連続かつバックグラウンド再生ができないので、ほかの動画に比べて視聴意識が高く、ユーザーからのコメントやいいねなども集まりやすい傾向があります。コメント欄の反応はネットショッピングでの口コミの役割を果たし、信憑性や安全性を示すものになります。

連続視聴を妨げない仕組み

見終わった後に続けて動画が流れてきたり、レコメンドに関連動画があがったりするなど、TikTokは連続視聴を意識した仕様になっています。しかし時折、関係のない動画が現れることがあるのです。これもTikTokの仕組みのひとつで、フォロワー数や視聴率に関係なく、どのような動画も一定数に自動で表示されるようになっています。ユーザーはこの仕組みに慣れているので、関係のない広告が出ても違和感なく受け止められます。好きなものだけを食べ続けるのは意外と大変で、たまに箸休めが欲しくなりますよね。TikTokも同じ仕組みです。

TikTok広告の動画制作ポイント

TikTokならではの、音源やエフェクトを使った動画制作ポイントがあります。短い時間の中でインパクトを与えたり、共感を得たりすることが大切です。

広告感をなくす

あからさまな広告だとスキップされてしまう可能性があります。TikTok広告の強みは、広告と一般投稿のフォーマットがまったく同じことです。できるだけ自然な動画を制作しましょう。

最初が肝心

TikTokの動画は、スクロールすることで簡単に動画をスキップできてしまいます。最初の数秒で興味を持ってもらわなければなりません。始めの雰囲気や印象を工夫するよう意識しましょう。

音楽とのマッチング

人気動画の多くがTikTokの音源とマッチしています。リズムに合わせた動きや映像、エフェクトを使って一体感を生み出しましょう。

まとめ

TikTokのメインユーザーは10代~20代のITリテラシーの高い層で、社会影響力をもった若者です。近年では「TikTok売れ」という言葉を聞くこともあるほど、爆発力のあるメディアになっています。今後も発展が見込まれ費用対効果も期待できるので、まずは多くの企業も挑戦している運用型広告から試してみるのはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

テンポのよい音楽と短い動画のコンビネーションが人気のTikTokは、若者を中心に人気のSNSプラットフォームです。動画によっては視聴回数が億を超えることもあり、TikTok広告の費用対効果に
続きを読む
近年、動画コンテンツへの注目度が高まっています。とくに若年層ではエンターテイメントを楽しむだけではなく、情報収集も動画でおこなう人が増えていることから、企業が採用や教育のために映像を制作する
続きを読む
新たな広告ツールとして注目を集めるデジタルサイネージ。この言葉は知らなくても、ほとんどの人は見たことがあるはずです。デジタルサイネージとは、どのような広告ツールなのでしょうか。この記事では、
続きを読む